適用されない場合

ナンバープレートはクルマの持ち主をあらわすための区別番号が書かれているプレートですから、これを見やすい位置に取り付けて汚れや破損が無いようにしておかなければ違反となってしまいます。これは一般公道を走る普通のクルマに言えることで、ナンバープレートを取り付けることによって税金が発生するシステムになっているのですが、特別なクルマの場合にかぎってはナンバープレートを取り付けても税金が免除されるようになっているのです。

 

まずひとつ目が自衛隊の車両です。これは自衛隊法の114条に記載されていることであり、道路運送車両法が適用されない車両になっています。ナンバープレートもそれにともなって普通のクルマとは違った特殊なものを取り付けなければいけないものになっており、白の下地に緑のアラビア数字のナンバープレートが取り付けられます。それから戦車などにおいてはプレートでは無く直接そのボディに番号を書いたりもします。またもうひとつの例が天皇が搭乗されているクルマがそうです。特殊な文様がほどこされている円形のナンバープレートが採用されますが、自動車税が免除される代わりに車検と自動車重量税の対象となっていることは変わりありません。

コメント