スタンバイ式について

四輪駆動にスタンバイ式があります。このスタンバ式は現在でも多くの車に採用されているやり方の四輪駆動でしょう。だから、身近に感じられる種類の1つですね。

 
このスタンバ式は基本的には二輪駆動で走行していきます。その後駆動輪が空転すると残りの二輪も駆動をし始めて四輪駆動になるという仕組みになっているでしょう。これならパートタイムのように切り替えを必要としないため、無駄な負担を車に与えないようにすることができます。また、切り替えという一手間を省くことが出来るため、かなり便利なものでしょう。ちなみに、センターデフを持たないです。

 
このスタンバ式はフルタイム式に分類されるようなものですが、上記で説明したように主に二輪駆動で動いてから四輪駆動に切り替えをするのでフルタイムとしてではなく、そうではなくなりました。ただ、雪道や凍結したところを通る場合、結構安全性に問題が在るのではないかとされています。だから、北部の方で使うのは適さないとされていますね。
このようにスタンバイ式があります。自動的に四輪駆動に切り替えることが出来るため、かなり負担を軽減することが出来る反面、切り替えが手動で出来ない点が問題を出している場合が在りますので注意しましょう。

 

 

コメント