今後の市場展開

まだ、日本にはほどんど導入される可能性もない、中国産のオフロード車「梟龍」ですが、今後、市場が進むについて、市場での売り出しが活発的になる可能性があるのではないでしょうか。一般市場では、日本で「軍用」ということが知れただけで、市民の感情的には平和主義的な日本では必ず反感が生まれてしまうはずです。それだけで、現実的に市場で流通されるには、非常に難しくなってしまいます。

 
市場で出来るだけリーズナブルにオフロード車を購入したい、という要望は、必ずしも日本ではないことはないはずなので、今後どのような展開を見せるのか興味があるところです。もちろん、トヨタをはじめとして、他の自動車メーカーもそのような展開になれば、なにかしらのアクションを取るはずです。そのように、決して日本では全面的に受け入れられることが、現状のところはない車ですが、今後は、どのようになるのかはわかりません。

 
非常に興味・関心が高い車ということがいえる、まさに大量生産、中国が資本主義経済を導入したからこそ生まれた「申し子」ともいえる、ユニークな車の一つということがいえるかもしれません。関心がある人は、インターネットなどで調べてみればよいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

コメント