海外のナンバープレート

クルマやバイクのナンバープレートは日本国内におけるものだけでもいろいろなタイプのものが存在している形になっていますが、日本では無く海外のナンバープレートに目を向けてみるとまた新たな発見があることにおどろかされるものとなっています。

 

たとえば人口が世界でもっとも多い国と言われている中華人民共和国のナンバープレートは、地域によっていくつかの種類が存在しています。それからヨーロッパを走っているクルマのナンバープレートは日本のものとは違って、もっと横長で細いものが採用されていることはヨーロッパを舞台にしている現代の映画などで目にする機会がある人もいるので良く知られています。

 

このように海外においてナンバープレートというものは日本と違った形や制度になっている場合がほとんどであり、最初にナンバープレートが発祥したのはアメリカの馬車であると言う歴史もありますから、海外、とくにその馬車のナンバープレートが発端となったアメリカ合衆国とこんにちのクルマのナンバープレートは切っても切れない関係と言えるものでありますから、海外のこの制度が無ければ今のクルマのナンバープレートは存在しないものになっていた可能性もあります。

コメント