日本の全地形対応車

日本で使われている全地形対応車というのは多くの場合農林業などを行うときに使われています。
この全地形対応車には2種類のものがあり、スポーツ型とユーリティ型に分かれているのです。
日本で使われている全地形対応車というのは主にユーリティ型です。
しっかりと悪路でも不整地でも走ることができるようになっているので、農林業や農作業するときによくつかわれている車になっています。

 
この全地形対応車の特徴としては4輪駆動が多いという点です。
農林業などに使うことが多いためより細かな動きができるようにこういった形になっているのです。
他にも特殊な方がいくつかあり、4輪ではなく6輪で動くものもあれば、水陸両用になっているものまで様々なものがあるそうです。
この全地形対応車は免許がなくても私有地ならば乗ることができます。
年齢などはある程度の制限がつきますが、より手軽に乗ることができる車として知られているのです。
海外の場合ではもっと規則が緩く子供などでも乗ることができるようになっています。

 

多くの荷物なども積むことができるので、作業などをするときの車としても大きな役割を果たすのです。
こういったように全地形対応車というのは様々な役割を持っている車なのです。

コメント