「梟龍」の総合性能

中国製のオフロード車で、非常に市場で高い評価を受けているのが、「梟龍」です。ドイツのベンツ製のオフロード車「ウニグモ」と並ぶと評する人もいるほどで、現在、インターネットで検索しても、すぐに見つけることが出来るほど、メジャーになっています。

 
日本円での価格は、約1000万円以上と、現状、一般の人が気軽に購入するには、やや難しいのが実情といえるかもしれません。だからこそ、オフロード車としては、高性能・耐久性などを兼ね備え、軍民両用の長所を生かして、大量生産ながらも幅広い機能を兼ね備えることになったということがいえるのではないでしょうか。

 
その総合性能の高さは、非常に専門家の中でも今後、評価が高くなる可能性があります。これまでの中国製のイメージといえば「安かろう、悪かろう」が定評でしたが、技術を手に入れた中国がどのように将来的にその市場を守っていくのか、ということは分からない未知数なところがあります。今後、市場が活発になるにつれて、その市場がさらに光られていくことになると、いえるのではないでしょうか。中国市場は、さらに発展する可能性があるだけに、その関心が高い地域ということがいえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

コメント