北米

今、世界の国々のクルマにはそれぞれの国の基準や規則に沿ったナンバープレートが取り付けられるのが義務化されたり当たり前であったりと言うことになっていますが、そのナンバープレートを世界で最初に取り付けたのはアメリカの馬車のオーナーであったのです。

 

それまでナンバープレートというものは存在していませんでした。出は何故このナンバープレートが取り付けられるようになったのかといえば、ナンバープレートを取り付けることによって自分の持っている馬車であると言うことをまわりの人々にわからせることが出来るようにしたからです。最初は鉄製のプレートにナンバーを書いたものが使用されていましたが、そのあとにプラスチック製のものに変更され、法律で義務付けられるようになりました。

 

と言うわけでナンバープレートの発祥の地となったのがアメリカですが、そのアメリカをはじめとして、カナダをふくめた北米のナンバープレートはいったいどのようになっているのかと言うと、州政府によってさだめられており州ごとによって違いがあります。大きさや形は国によって決まったサイズになっていますが、州ごとに発行するのでナンバープレートも州ごとに違いがあるようになります。

コメント