外観

中国のオフロード車として有名な「梟龍」の外観は、なかなかごついもので、一般の人にはイメージがしにくいところがあります。その異様な外観は、ちょっと見るだけで、女性であればまず、「乗用車」として乗りたい、とは思わないものです。だからこそ、その車の作りは、まさに走行だけを目的にしてつくられており、それが人気につながっているということがいえるでしょう。

 
一般市場では、それらの車がそれほど流通していないことが特徴になっていますが、これから、さらに市場が発展すれば、すでに東南アジアなどにも流通していますが、さらにオフロード車の需要は広がっているのではないでしょうか。世界では、「紛争」「内戦」も決して少なくないのが実情です。そのような地域では、日本性の乗用車よりも、オフロード車のほうが需要があるのは当然でしょう。

 
また、その市場には、日本などの企業が参入しにくく、どうしても人件費が安い地域での工場生産のほうが、より資本主義では有利に働くことは当然ということがいえます。それらのことを背景に、できるだけ、よい車をより多くの人に購入してもらえるような将来性がみられるようにあれば、望ましい結果につながるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

コメント