フルタイム式について

四輪駆動のシステムでフルタイム式と言うのがあります。このフルタイム式は、パーマネント式の進化形で性能を上げた物ですね。

 
四輪駆動の種類にフルタイム式というのがあります。これは、上記で説明したようにパーマネント式の進化形でしょう。パーマネント式(公義)やコンスタント式と呼ばれます。センターデフと言うものを中央に置き、各車輪の回転差を吸収していくでしょう。パーマネント式と違って高速走行に安定しており、かなり優れています。また、雨天時などにも最適に走行することが出来るため、かなり良いシステムでしょう。

 

ただ、現在はこのようなやり方をしていなく、スタンバイ式が主流になっていますね。一輪でも空転を始めると他の車輪に駆動力がほとんど伝わらないため、そうなると大変危険な状態になるでしょう。それを避けるためにも、センターデフが在ったのですが、もっと良くなったのがスタンバイ式ということですね。ちなみに、軍事車両やオフロード志向がある車の一部にはセンターデフのみならず、前後のゲフも任意に直結出来る物が在るでしょう。

 
このようにフルタイム式があります。パーマネント式をより良く改良をしていますが、現在と比べるとやはり劣るものですね。このような開発が在ったからこそ、現在に至るのでしょうね。

 

 

コメント