動力分散型について

動力分散型と言うのがあります。これも四輪駆動の一種で昔だったらかなり良いシステムでしたが、現在では在る点を除いてあまり使わなくなりましたね。

 
動力分散型は、その名の通り動力を分散して使う四輪駆動です。出力がほぼそのままタイヤに駆動力となるエネルギーを与えるため、損失がかなり少なく且つ結構早めに与えることが出来るため、当時はかなり便利でした。しかし、既存のディーゼルエンジンやガソリンエンジンの場合、小型化がかなり難しく限界がどうしてもあり、また、部品数もかなり多いため使われることがなくなりました。ちなみに、駆動部分に与える配分は自由に決めることが出来る点が良い点でしたね。使いこなしなどが必要になりましたが、それでも使いこなすことが出来れば、様々ところで対応出来るのでとても良いものでした。

 
最近では電気自動車に使われることが多くなって来ました。排気量が無く、電力は配線を延長すれば良いだけなので、損失が少なく良いとされているので、動力分散型が使われるようになったのです。
このように動力分散型があるでしょう。それぞれに動力を付けることで、損失が少なくなり、かなり車の負担を減らすことが出来るになったのが大きいですね。これから電気自動車として使わることになっていくでしょう。

 

 

コメント