「梟龍」の総合性能

中国製のオフロード車で、非常に市場で高い評価を受けているのが、「梟龍」です。ドイツのベンツ製のオフロード車「ウニグモ」と並ぶと評する人もいるほどで、現在、インターネットで検索しても、すぐに見つけることが出来るほど、メジャーになっています。

 
日本円での価格は、約1000万円以上と、現状、一般の人が気軽に購入するには、やや難しいのが実情といえるかもしれません。だからこそ、オフロード車としては、高性能・耐久性などを兼ね備え、軍民両用の長所を生かして、大量生産ながらも幅広い機能を兼ね備えることになったということがいえるのではないでしょうか。

 
その総合性能の高さは、非常に専門家の中でも今後、評価が高くなる可能性があります。これまでの中国製のイメージといえば「安かろう、悪かろう」が定評でしたが、技術を手に入れた中国がどのように将来的にその市場を守っていくのか、ということは分からない未知数なところがあります。今後、市場が活発になるにつれて、その市場がさらに光られていくことになると、いえるのではないでしょうか。中国市場は、さらに発展する可能性があるだけに、その関心が高い地域ということがいえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

今後の市場展開

まだ、日本にはほどんど導入される可能性もない、中国産のオフロード車「梟龍」ですが、今後、市場が進むについて、市場での売り出しが活発的になる可能性があるのではないでしょうか。一般市場では、日本で「軍用」ということが知れただけで、市民の感情的には平和主義的な日本では必ず反感が生まれてしまうはずです。それだけで、現実的に市場で流通されるには、非常に難しくなってしまいます。

 
市場で出来るだけリーズナブルにオフロード車を購入したい、という要望は、必ずしも日本ではないことはないはずなので、今後どのような展開を見せるのか興味があるところです。もちろん、トヨタをはじめとして、他の自動車メーカーもそのような展開になれば、なにかしらのアクションを取るはずです。そのように、決して日本では全面的に受け入れられることが、現状のところはない車ですが、今後は、どのようになるのかはわかりません。

 
非常に興味・関心が高い車ということがいえる、まさに大量生産、中国が資本主義経済を導入したからこそ生まれた「申し子」ともいえる、ユニークな車の一つということがいえるかもしれません。関心がある人は、インターネットなどで調べてみればよいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

外観

中国のオフロード車として有名な「梟龍」の外観は、なかなかごついもので、一般の人にはイメージがしにくいところがあります。その異様な外観は、ちょっと見るだけで、女性であればまず、「乗用車」として乗りたい、とは思わないものです。だからこそ、その車の作りは、まさに走行だけを目的にしてつくられており、それが人気につながっているということがいえるでしょう。

 
一般市場では、それらの車がそれほど流通していないことが特徴になっていますが、これから、さらに市場が発展すれば、すでに東南アジアなどにも流通していますが、さらにオフロード車の需要は広がっているのではないでしょうか。世界では、「紛争」「内戦」も決して少なくないのが実情です。そのような地域では、日本性の乗用車よりも、オフロード車のほうが需要があるのは当然でしょう。

 
また、その市場には、日本などの企業が参入しにくく、どうしても人件費が安い地域での工場生産のほうが、より資本主義では有利に働くことは当然ということがいえます。それらのことを背景に、できるだけ、よい車をより多くの人に購入してもらえるような将来性がみられるようにあれば、望ましい結果につながるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

「梟龍」の性能

a0001_002914

 

中国産のオフロード車など、日本人にはほとんどなじみのない文化ですが、近年、急速に発展を見せる中国では、軍民両用でオフロード車が開発されています。急速に発展した市場だけに、なかなか類をみない、開発のスピードとなっていますが、人気のほどはなかなか素晴らしいものになっています。一般的にはそれらの開発を指揮するのは、中国の軍首脳部になりますが、新しい技術も導入されているのか、民間受けもよいことが特徴です。

 
軍民両用というだけに、機関銃などを据える機能が設置されていることが、このオフロード車の特徴です。なかなか日本では「軍隊」のものが一般の市場で使用されることなど、イメージにつきにくいのですが、このオフロード車は、それほど珍しくなく、市場で利用されています。

 
市場でこれらの人気が高いのは、やはりオフロード車ならではの、力強い走りが、人気を博していることになるのではないでしょうか。なかなか中国市場では、類を見ない市場での車の普及率となっており、技術的な問題が開発されれば、将来的に中国の自動車が日本で流通するようになることが一般的になることは、十分に可能性として考えられるということがいえるのではないでしょうか。

 

 

梟龍

日本では考えられないことですが、中国産の車である「中国オフロード車『梟龍』」は、軍隊で使われる車であるとともに、民間でも使用されています。日本では、まず、国産のオフロード車が乗られるので、日本市場で流通することは非常にまれになるのでしょうが、中国では中古車も一般的に売り出されています。

 
日本でいえば「自衛隊」の車が一般市場に売り出されるようなことは、まずありません。それは「軍隊」ということが非日常的な存在である、そこで使用される武器や装備が民間に流れるとなると、「戦争のイメージ」などという不安まで持ち上がってしまうかもしれません。

 
もちろん、中国でそのようなことが発生しているとはいいませんが、日本と違う価値観があることは、この車のこと一つととっても、はっきりとしています。自動車の生産ラインのことを考えると、当然ながら「単一」の車を大量生産した方が、かなり価格も落とすことができますし、性能も安定させることができます。また、修理などで部品のスペアが容易に用意できるなど、メリットがおおきいこともあげられるでしょう。現在、中国バブルの名残がある経済状況ですが、それを支えたのは「大量生産」で作られた車が背景にあるかもしれません。

 

 

 

 

 

動力分散型について

動力分散型と言うのがあります。これも四輪駆動の一種で昔だったらかなり良いシステムでしたが、現在では在る点を除いてあまり使わなくなりましたね。

 
動力分散型は、その名の通り動力を分散して使う四輪駆動です。出力がほぼそのままタイヤに駆動力となるエネルギーを与えるため、損失がかなり少なく且つ結構早めに与えることが出来るため、当時はかなり便利でした。しかし、既存のディーゼルエンジンやガソリンエンジンの場合、小型化がかなり難しく限界がどうしてもあり、また、部品数もかなり多いため使われることがなくなりました。ちなみに、駆動部分に与える配分は自由に決めることが出来る点が良い点でしたね。使いこなしなどが必要になりましたが、それでも使いこなすことが出来れば、様々ところで対応出来るのでとても良いものでした。

 
最近では電気自動車に使われることが多くなって来ました。排気量が無く、電力は配線を延長すれば良いだけなので、損失が少なく良いとされているので、動力分散型が使われるようになったのです。
このように動力分散型があるでしょう。それぞれに動力を付けることで、損失が少なくなり、かなり車の負担を減らすことが出来るになったのが大きいですね。これから電気自動車として使わることになっていくでしょう。

 

 

エレクトリック4WDについて

エレクトリック4WDと言うものがあります。これは四輪駆動の一種で、その名の通り電気を使うものでしょう。まあ、厳密には電気を作るものなのですが、これが出るようになり、従来の車が変わるようになったのですよ。

 
エレクトリック4WDは、エンジンによる駆動軸の他に、エンジン回転による発電で、モーターでもう一方の車軸を駆動させる方式です。日本には、パワーエレクトロニクスがありますが、あの分野が発展して出来たものでしょう。当初デメリットがあり、結構重量増しになっていたのですが、プロペラシャフトによってほとんど他の車同様の状態になったことで、かなり自由度が高くなりました。

 

ただ、他にも欠点があり、スタック時に本来の駆動輪が空転した場合、モーターアシストがされないと言う欠点があります。だから、出来るだけ空転をさせないようにしないといけません。ちなみに、発進時にだけしか動作がしなかったり、トルクが前後に均等配分しなかったりするので注意してください。

 
このように電気を使うエレクトリック4WDがあります。四輪駆動車としてありますが、多少特殊なやり方で動かしているためか、欠点が結構あるため注意しないといけません。それでも、かなり素晴らしいシステムと言っても良いでしょうね。

 

 

セレックトラック式について

セレックトラック式と言うのがあります。これは、AMC時代からジープとして在った物の1つです。だから、知っている人は古くから知っているものでしょう。

 
このセレックトラック式は、フルタイム式のトランスファーがありながら、直結4WDとフロントへの動力を切り、2WDが選べるようになっています。故に、四輪駆動と二輪駆動を使い分けて走行することが出来るでしょう。レバー1つで、2WD、4WDのパートタイムとフルタイムの各モードを切り替えすることができます。

 

上手く使いこなすことで、車自体の負担を減らしながら走行することが出来るので、使い手次第でしょう。ちなみに、切り替えは80㎞/h以下であれば走行中でも変更可能となっているでしょう。あと、ローレンジフルタイム4WDが選ぶことが出来ないのですが、これをするとドライブシャフトや等速ジョイントを破壊してしまう恐れがあるため、出来ないようになっているのです。

 
このようにセレックトラック式がありますね。AMC社独自の機能で、いろいろなモードを使い分けることが出来るので、使いこなせるようにがんばってください。しっかりと使いこなすことが出来れば、かなり車によい状態にすることが出来るので頑張りましょう。

 

 

スーパーセレクト4WDについて

a1180_004653

 

スーパーセレクト4WDとは、その名の通り四輪駆動の種類であります。このスーパーセレクト4WDを使う車が結構居るので、知っておきましょうね。

 
スーパーセレクト4WDは、三菱自動車の商標で、パジェロなどに使用されているシステムです。簡単に説明してしまえば、パートタイム式とフルタイム式を合わせ持つ車として在るでしょう。この2つを使っていることで、より良い走行をすることができます。ちなみに、結構細かい切り替えをすることが出来るので、その場で使いこなせると良いでしょうね。

 
フルタイム式のセンターデフとパートタイム式のギア・トランスファーの2つを持つスーパーセレクト4WDですが、このシステムが2つとも在ることで、二重の重さが在るという欠点がありますので、結構車体的には重たい車となっているでしょう。まあ、パジェロ自体が大型の車であり、本格的なクロスカントリー車であるので、走行性能としては差程問題ないですね。

 
このようにスーパーセレクト4WDがあります。2つの機能を兼ね備えた車のシステムで、それぞれ良い所を使うことが出来るので、とても良いシステムでしょう。ただし、その分のデメリットもあり、若干大変になるので注意してください。

 

 

スタンバイ式について

四輪駆動にスタンバイ式があります。このスタンバ式は現在でも多くの車に採用されているやり方の四輪駆動でしょう。だから、身近に感じられる種類の1つですね。

 
このスタンバ式は基本的には二輪駆動で走行していきます。その後駆動輪が空転すると残りの二輪も駆動をし始めて四輪駆動になるという仕組みになっているでしょう。これならパートタイムのように切り替えを必要としないため、無駄な負担を車に与えないようにすることができます。また、切り替えという一手間を省くことが出来るため、かなり便利なものでしょう。ちなみに、センターデフを持たないです。

 
このスタンバ式はフルタイム式に分類されるようなものですが、上記で説明したように主に二輪駆動で動いてから四輪駆動に切り替えをするのでフルタイムとしてではなく、そうではなくなりました。ただ、雪道や凍結したところを通る場合、結構安全性に問題が在るのではないかとされています。だから、北部の方で使うのは適さないとされていますね。
このようにスタンバイ式があります。自動的に四輪駆動に切り替えることが出来るため、かなり負担を軽減することが出来る反面、切り替えが手動で出来ない点が問題を出している場合が在りますので注意しましょう。

 

 

次のページ →