アメリカの全地形対応車

アメリカなどは日本とは違い、この全地形対応車というのは様々人が乗ることができる車として知られています。
全地形対応車というのはそもそも悪路や不整地などをより快適に走ることができるように作られています。

 
荷物などもしっかりと積むことができるので、農林業などに使われることも多い車の一つです。
この全地形対応車の大きな特徴として乗る際に免許がいらないと言うことです。
車に乗るときには必ず免許は必要になってきますが、この全地形対応車は免許要らずで乗ることができる車なのです。

 

そして、日本との違いとして年齢制限などがないと言うことです。
日本の場合はメーカー側が年齢制限を設けている場合がありますが、アメリカでは年齢制限がなく乗ることができるようになっています。
さらには、16歳以上ならばある程度の条件を満たすことで私有地以外の公有地でも走ることができる車なのです。

 

このように日本とアメリカではこの全地形対応車の扱いというのが全く違うというのが特徴です。
農林業など以外にもこの全地形対応車はモトクロスなどのモータースポーツなどにも使われています。
農林業などで使われているものとは性能などは違いますが、様々な用途で使われている車なのです。

コメント